初心者のための 失敗しないコツコツFX

初心者のための 失敗しないコツコツFX入門!

第一金曜日の夜に何かが起こる!

FXをする人が必ず意識しておく必要があるのが、月初の第一金曜日です。

 

第一金曜日の夜には、アメリカの雇用統計が発表されます。
雇用統計とは、アメリカの失業率や非農業部門雇用者数が発表されます。

 

この数字によって為替れレートがどーーーーーんと動きます。
第一金曜日は、家の中のすべてのカレンダーに赤丸を入れておきましょう!
第一金曜日の夜に何かが起こる!
この雇用統計の発表時間は、冬時間の時は22時半、夏時間の時は21時半です。
発表前には、まさに嵐の前の静けさで、市場の動きは極端に鈍くなります。

 

雇用統計の数字が発表されると、「よーいドン!」って感じで一気い動きが活発になります。
怖いぐらいにチャートが上下します。

 

雇用統計の発表を時間をうっかり忘れていても、チャートを見た瞬間にすぐに解ります。
それほど、激しい値動きをするのが特徴です。

 

ただ、毎回大きな値動きがあるわけではありません。
雇用統計には、事前に予想値が出ます。この予想値と大きくかけ離れた「サプライズ」があった時には、大きく動きます。

 

一瞬の間に、1円ぐらい上がって、また下がるような場合もあります。

 

この雇用統計の数値を予想してトレードするのはかなり難しいと思います。
多くの人が相場の動いた方法についていく方法でトレードをしています。
ただ、利益確定や損切りを素早くしないといけません。
ドーンと上がって、利益が膨らんだと思って喜んでいると、すぐにガーンと下がって一気にマイナスになってしまうようなこともあります。
雇用統計で稼ぐのは上級者向けかなぁと思っています。

 

大やけどをする可能性のあるトレードですので、損失が許容できる範囲で行うようにしてください。

 

また、スリルを楽しむのであれば、1,000通貨単位のトレードをしてもいいと思います。

トップへ戻る