初心者のための 失敗しないコツコツFX

初心者のための 失敗しないコツコツFX入門!

ボリンジャーバンドは

値動きの予想は難しいものですよね。
くねくねと動くチャートを見ていると、上がりそうだし下がりそうだしなんだか解らなくなってきます。

 

これを何とか理論的に表示できないものかと考えだしたのがボリンジャーバンドです。
長いのでボリバンって読んだりしています。

 

ちなみに理論化したのは、ジョン・ボリンジャーさんです。
ボリンジャーバンドは人気のテクニカル分析のひとつです。

 

ボリンジャーバンドの元になっているのは、移動平均線です。

 

ボリンジャーバンドは3本で表示されます。3本の線の真ん中の線が移動平均線です。
上の線はアッパーバンド、下の線はロワーバンドと呼ばれます。

 

この3本の線は、値動きとともに動き上下のラインの間に値が収まる確率は、95.5%です。
このラインからはみ出す確率は、4.5%しかないわけです。

 

これを利用してトレードをする訳です。
為替レートが上のラインにタッチすれば、超えていく可能性は4.5%しかないわけですから
ここで売る訳です。

 

下のラインにタッチした時にはこの逆になる訳ですね。
トレンドの転換狙いの逆張りトレードという訳です。

 

ボリンジャーバンドのパラメーターを2σ(シグマ)に設定した場合です。

 

設定は各FX会社のチャートで簡単にできると思うのですが、3種類設定できます。

 

1σ(シグマ) 上下のバンド内に収まる確率 68.3%
2σ(シグマ) 上下のバンド内に収まる確率 95.5%
3σ(シグマ) 上下のバンド内に収まる確率 99.7%

 

 

2σ(シグマ)と3σ(シグマ)の場合、反転する確率が高いので基本的にはラインタッチで反転することを予想して逆張りトレードになるのですが、
もし強い勢いで上下のラインを抜けていった場合、「強いトレンドが発生した!」と判断して、その場合は順張りにする戦略があります。

 

このバンドに沿って、動くトレードをバンドウォークと言います。

 

上下のバンドがギューッと縮んできたときには要注意です。
この状態は、エネルギーが貯まっていると考えられます。この後には口がパカッと開くような線が出て、ラインに沿って大きく上昇(下降)していくことが多くあります。ドーンと大きな値動きを狙うチャンスです。

 

レンジ相場 → 上下のバンドにタッチしての逆張り
トレンドが発生した時 → バンドウォーク

 

ボリンジャーバンドは、いろいろな場面で使えます。

 

 

トップへ戻る