初心者のための 失敗しないコツコツFX

初心者のための 失敗しないコツコツFX入門!

ゴールデンクロスとデッドクロス

ゴールデンクロスとデッドクロス

短期と長期の移動平均線を使った有名なテクニカルとして、ゴールデンクロスとデッドクロスがあります。
一般的にゴールデンクロスとは短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上に抜けてきた状態です。
相場が上昇トレンドに入ったシグナルだと言われています。

 

デッドクロスとは、短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下に抜けてきた状態です。
こうなると相場が下降トレンドに入ったシグナルだと言われています。

 

移動平均線を使った有名なテクニカルですが、ダマシが多いとも言われています。
基本的に移動平均線はサインが遅れる傾向にあるので、信じすぎると危険です。

 

強いトレンドが出ていれば、使えるテクニカルです。

 

売りや買いのチャンスを示す最も有名なトレードのシグナルがゴールデンクロスとデッドクロスです。
少し長めのトレンドで判断するなら、日足で25日の移動平均線と75日の移動平均線がお勧めです。

 

2本の期間の違う移動平均線の交わるポイントをチェックすることになるのですが、
今回の場合には、25日線が短期移動曲線、75日線が長期移動曲線となります。

 

 

ゴールデンクロスって何?

25日線が75日線を下から上に突き抜けると、ゴールデンクロスが発生したことになります。
ゴールデンクロスが発生したら、買いのポイントになります。

 

逆に25日線が75日線を上から下に抜けるとデッドクロス発生です。
デッドクロスは売りのポイントです。

 

デッドクロスって、日本語に訳すと「死の交差」です。死の交差ってネーミングが怖すぎる。。。

 

 

なぜゴールデンクロスで買うといいのか?

日足の75日線と25日線で考えた場合、75日の方が長期トレンドになりますよね。
長期の大きな流れと期間の短い線を比べてみた場合、ゴールデンクロスやデッドクロスは発生しているということは
直近の変動が大きいということです。

 

その直近の強い流れに乗って、トレードをすると勝てる可能性が高くなるという訳です。
ゴールデンクロスなら今後も上昇する可能性が高いと判断し、買いのトレードを行います。

 

 

パラメーターの調整を行い、最適なトレードを探そう!

このサイトで例として示しているのは、75日線と25日線ですが、この数値はもちろん変更が可能です。
デイトレードやスキャルピングを中心に行って行く人が日足を見ていたらおかしいでしょう。
そんな場合は、分線で見ます。

 

短期のパラメーターを5や10と間隔を小さくすればするほど短い期間の動きの影響を大きく受けるので、
長期線を超えるゴールデンクロスやデッドクロスは出やすくなります。
ただし、頻繁に出現する分、ダマシが多くなります。

 

この辺りの調整は、勝っているトレーダーのパラメーターをブログなどで参考にしつつ、自分の最適な数値が見つかるはずです。

 

この2つの指数は出現のタイミングが他の指標よりも遅いのが難点です。
ただし、簡単なので一番最初にトレードをする時には、ゴールデンクロスとデッドクロスを目安にトレードしてください。

 

 

 

トップへ戻る