初心者のための 失敗しないコツコツFX

初心者のための 失敗しないコツコツFX入門!

チャートの代表 ローソク足

ローソク足は一番有名なチャートの代表格です。
描かれるチャートがローソクの形とそっくりなので、この名前がつけられています。

 

ローソク足を書くために必要な値段が4本足と言われる始値、終値、高値、安値です。

 

始値より終値が高い場合には、白の長方形で表し陽線と呼ばれます。
逆の場合の黒の長方形は陰線と呼ばれます。

 

ローソク足の見方は、陽線は買いの勢力が売りの勢力よりも強く
陰線は売りの勢力が買いの勢力より強いことを示します。

 

一目見ただけで状況がわかるところがローソク足のすぐれたところです。
非常によくできたチャートです。

 

長方形から上に飛び出た部分を「上ひげ」といい、
逆に、下に出た部分を下ひげといいます。

 

ローソク足は、対象とする機関で呼び名が変わり、
1日は日足、1週間は週足、1ヶ月は月足です。

 

ローソク足の長さでどのくらい変動があったかわかります。

 

始値 取引が始まった時の価格
終値 取引が終わった時の価格
高値 その日の中で一番高い価格
安値 その日の中で一番安い価格

 

 

トップへ戻る