初心者のための 失敗しないコツコツFX

初心者のための 失敗しないコツコツFX入門!

レバレッジって何?

レバレッジとは、証拠金(保証金)に対する取引可能金額の比率のことです。

 

レバレッジとは「テコの原理」の事で、
「小さな金額でより大きな金額を動かせる事」を意味しています。

 

少額のお金を証拠金(保証金)として出せば、その数倍の金額の取引ができる仕組みのことです。

 

現在、個人取引の場合、最大レバレッジは25倍です。

 

例えば、証拠金(保証金)として10万円を預けておけば、
レバレッジ25倍でトレードをすると、250万円分の取引ができるということになります。

 

これがFXの大きなメリットです。
このレバレッジを使う事により効率的に資産を運用できます。

 

 

レバレッジは高いほどいいの?

レバレッジを高くして、トレードを行うとどうなると思いますか?
勝っている時には、レバレッジの効果でドーンと大きく儲かります。

 

例えば、100万円の証拠金(保証金)でトレードを開始したとします。

 

1ドル=100円 として考えます。

 

 Aさん レバレッジ1倍 100万円で米ドルを1万通貨購入(買い)
 Bさん レバレッジ25倍 100万円の証拠金(保証金)で米ドルを25万通貨購入(買い)

 

Aさん、Bさんとも口座への入金額は100万円です。レバレッジが1倍と25倍の違いがあります。

 

 

1ドル=100円が101円になった場合、2人の利益はどうなるでしょうか。

 

 Aさん 100万円 → 101万円  プラス1万円
 Bさん 2,500万円 → 2,525万円  プラス25万円

 

25倍のレバレッジを掛けているので儲けは、25倍ですね。

 

 

ただし、下がった場合には。。。

 

1ドル=100円が99円になった場合、2人の利益はどうなるでしょうか。

 

 Aさん 100万円 → 99万円  マイナス1万円
 Bさん 2,500万円 → 2,475万円  マイナス25万円

 

25倍のレバレッジを掛けているので損失は、25倍ですね。

 

ただし、レバレッジを掛けているとハイリスクハイリターンになります。
初めに大きく負けてしまうと取り戻すのが難しくなります。

 

ちょっと、例を出します。

 

100万円が50万円になったら、マイナス50%ですよね。
元本が50万円になった時にプラス50%は75万です。
元には、戻りません。

 

最初に大きな損失を出してしまうと元に戻すのは非常に大変だということです。
無理をして元に戻そうとすると、結局レバレッジの高いトレードをすることになり、
ますます危険度が高くなってきます。

 

ですから、大きな1発をねらわずに小さくコツコツと勝ちを積み重ねていくトレードが、一番良いのです。

 

 

レバレッジのリスクとは?

レバレッジを大きくすると大きな利益を狙える反面、損失も大きくなる場合があります。

 

FXの公式サイトにはこんな文言もあります

 

「レバレッジに関するリスクをご理解の上、お客様ご自身の判断にてお取引下さい。」

 

レバレッジは諸刃の剣です。

 

レバレッジを高く設定する事で少ない資金で大きな取引をすることができるのですが、
大きく儲かる可能性がありますが、同じく大きく損をする可能性もあります。

 

プロの為替ディーラーは規定があって、レバレッジを3倍〜5倍程度に抑えているようです。
プロでもレバレッジが3倍〜5倍なのに、一般のいわば素人に25倍のレバレッジをOKにしているのは、
ちょっと問題があるようにも思います。

 

以前は個人でも数百倍のレバレッジが可能でしたので、少しは改善がされているのですが。

 

25倍のフルレバレッジで戦うのは退場のリスクがあると思います。

 

高レバレッジのトレードはギャンブルだと思います。
競馬に10万円持っていくような。

 

どうしてもハイレバでトレードをしたいなら、短期トレードならいいかと思います。

 

危険ですが短期で損失を限定したトレードならいいかも。
リターンが大ですが、リスクも大です。

 

レバレッジが高いから危険という訳ではなく、損失管理がしっかりできればいいわけです。
低いレバレッジでも長期でほったらかしだとどんどん損失が膨らんでしまうので。

 

やっぱり資金管理が大事です。

 

 

トップへ戻る