初心者のための 失敗しないコツコツFX

初心者のための 失敗しないコツコツFX入門!

信託保全 (しんたくほぜん)

FXトレードをする際に、FX会社の口座に入金をすることになります。
その額は人によって様々だと思いますが、数百万円から数千万円入金している人もいると思います。

 

では、FX会社が経営破綻したら、どうなるのでしょうか。
預けたお金が返ってこない。。。

 

そんなことが起こらないように私たちトレーダーを保護してくれるのが信託保全です。

 

信託保全とは、顧客から預かっている資産を金融機関に信託し保全することです。
これにより、FX会社に万が一のことがあっても、入金しているお金は戻ってくることになります。
2010年2月から、信託保全が義務付けられています。

 

具体的に何をしているかというと、お金が「分離管理」されています。
私たちが預けているお金とそのFX会社が運営するために使う資金を分けて
管理するように法律で決められています。

 

入金したお金は、信託銀行に預けられているのでFX会社が手をつけることができないようになっています。もし、経営破たんした時にでも100%戻ってきます。

 

今、銀行が破綻した時に戻ってくるのは1,000万円までです。1,000万円以上のお金は戻ってきません。
FX会社に預けていれば破たんしても戻ってくるわけです。

 

ただし、金利は付きませんが今の時代微々たる金利です。金利分は万が一の保険料と考えれば、お金持ちの方はFX会社に預けている方が安心できると思います。

 

 

トップへ戻る