初心者のための 失敗しないコツコツFX

初心者のための 失敗しないコツコツFX入門!

いろいろな注文方法を解説! 記事一覧

成り行き注文とは、売買価格を指定せずにに今の価格で注文する方法です。トレード画面に表示されている、「ASK(アスク)・買い注文」、「BID(ビッド)・売り注文」のボタンをクリックして注文します。デイトレードやスキャルピングなどの短時間のトレードをする時に、チャートの形を見ながら瞬時に注文を出す時に使います。

指値注文は今のレートよりも安く買ったり高く売りたいという時に使う注文方法です。注文を出す時には、買いたい価格もしくは売りたいをズバリ指定する形になります。その価格にならないと約定しないので、注文を出す時には期間を設定することになります。期間設定の中に「無制限」という設定もできますが、期間をしていいる方が無難です。設定した期間が過ぎてしまうと、注文は一旦なくなります。

逆指値注文とは、指定した価格以上になったら「買い」あるいは、指定した価格以下になったら「売り」という注文方法です。逆指値注文は、利益を確定させたり損失を限定させたりいろいろな場面で使える注文方法です。普通はできるだけ低い価格で買い、高い価格で売りたいですよね。これとは、逆の注文になります。逆指値の場合は高い値で買い、安い値で売ります。なんか変な感じがしませんか。これで合っているのです。一定のレート...

これ、使える注文です。トレードのタイミングを考えることも大事ですが、ポジションを持った後にどうするかが重要になってきます。どのタイミングで利益を確定させるのか、どのタイミングで損切りをするのか。自分で利益確定ラインと損切りラインを決めておいても実際にその価格になったら、迷いが出る場合もあると思います。「う〜んもうちょっと利益が出そう」「う〜ん損切りラインに届いたけどもしかしたら戻るかも。。。」FX...

IFD(イフダン)注文は新規エントリーと決済の2つの注文を組み合わせることができる注文です。この注文方法は、「もし〇〇の注文が成立したら、すぐに▲▲の注文を発注する」という2つの連続する注文が入る方法です。決済用の注文は、利益確定か損失限定のどちらか一方しかできないので、損失限定に使う方が安全です。IFD(イフダン)注文よりお勧めなのは、IFO(アイエフオー)注文です。詳細は、次のページで確認して...

IFO(アイエフオー)注文は、IFD(イフダン)注文よりもお勧めの注文方法です。IFD(イフダン)注文の場合には、決済注文は利益確定か損失限定のどちらか一方の注文しかできませんが、IFO(アイエフオー)注文の場合には決済注文にOCO注文を使うことができるので利益確定と損失限定の両方の注文を出すことができます。新しいポジションの注文から、利益確定と損失限定の注文まで1つの発注でできるので、簡易自動売...

トレール注文は、毎日忙しくトレードに多くの時間を使えない方におすすめの注文方法です。ずっとレートを見ておかなくても稼ぐことのできる便利な手法なんですが、そんなにメジャーな方法ではないので使ったことが無い方も多いと思います。トレールとは追尾を意味します。トレーリングストップ注文と言う場合もあります。現在のレートが有利な方向に動いたときのみ追尾するようになっていて、レートが思った方向に動くと逆指値で注...

トップへ戻る