初心者のための 失敗しないコツコツFX

初心者のための 失敗しないコツコツFX入門!

トレード枚数に変化をつける!

トレードは一定の枚数で行っている人がほとんどだと思います。

 

これって、いつもの習慣で同じ枚数で行っているだけだと思います。
この枚数を変化させて、トレードするだけで負けトレードが勝ちトレードに変わる場合があります。

 

一番有名な手法にマーチンゲール法というのがあります。
これは、カジノなどで使うギャンブルの手法です。

 

学生の頃、ゲーセンのルーレットでこの手法を使ってバカ勝ちしたことがあります。
バケツのようなコイン入れが3つ満タンになりました。
壮観な風景でした。

 

ただ、このコイン換金できませんんし、単なる自己満足だったのです。

 

マーチンゲール法とは負けたら、ベット額の2倍の額をベットしていく方法です。
これで負けたらまた倍です。

 

どれだけ賭けても、1回勝てばそれで一気にプラスになるのです。
ただ、この方法と似たような手法を聞いたことはありませんか?

 

そう!ナンピンと同じ考え方なんです。

 

このリスクは、どこまで突っ込めるか。
1,000通貨でトレードを始めた場合、10連敗したら51万2,000通貨のトレードをすることになります。
ココで負けたら、102万4,000通貨のトレードです。

 

この辺りで、ビビッてしまいますよね。
理論的には勝てるのですが、コインゲームのように無茶ができないのが難しいところです。

 

自分の資金に合わせてトレード枚数を増やして行く方法もあります。
10万円の資金でスタートする場合、始めは1枚でトレードをします。
資金が20万円に増えたら、2枚でトレードを行い、30万に増えたら3枚に増やしていくというものです。

 

総資金に対するトレードの割合は変わりませんのでリスクを大きくすることなく資金を確実に増やして行くことができます。

 

悪いパターンとしては、負けが続いた時に一発逆転を狙って枚数を大きくしてしまうことです。
負けパターンの時は、負のスパイラルに陥っているので、そんな時には枚数を減らすべきだと思います。

 

流れに逆らうトレードをしても勝てません!

トップへ戻る