初心者のための 失敗しないコツコツFX

初心者のための 失敗しないコツコツFX入門!

トレードスタイルを比べる

世の中にはいろんなFX本が出ています。

 

スイングトレード

スイングトレードは、じっくりとトレードしたい人におすすめの方法です。

 

トレード時間 ⇒ 数日から数週間

ポジションをとったら、長期間様子を見ながらじっくりと利益を伸ばすトレードスタイルです。
基本的には放置する形ですので、毎日少ししかチャートを見ることができない方でもお勧めの手法です。

 

利益の目安 ⇒ 100pips程度

ポジションを持つ時間が長いので、じっくりと大きく稼ぐ方法です。ただ、その分、損失が大きくなる可能性がありますので、きっちりと損切りをする必要があります。
時間を掛けて利益を伸ばす方法なので、少し利益が出た時にすぐに利益を確定させずに我慢することが必要です。

 

チャート ⇒ 週足、日足、4時間足

大きなトレンドを週足などで確認しながら、順張りでトレードをします。日足や4時間足で見ながらエントリーするポイントを探しながらトレードを行うことになります。

 

ポイント

トレード期間が長いため、ファンダメンタルズ分析も取り入れながらすると効果的です。雇用統計の発表や要人の発言などで利益が飛んでしまう可能性があります。損切りの設定は必須です。通貨によっては、スワップ金利がもらえるメリットもあります。

 

 

デイトレード (デイトレ)

トレード時間 ⇒ 数分から数時間

トレード時間が短いため、一日の中で相場が動くタイミングを見極めてトレードをすると効率的です。夕方から深夜にかけて相場が大きく動くのでサラリーマンの方でも割とやりやすい手法です。

 

利益の目安 ⇒ 20pipsぐらい

10〜20pipsぐらいの利益を繰り返します。

 

チャート ⇒ 1時間足、30分足、10分足、5分足

少し大きめの1時間足や30分足を基準にして、実際は短期の10分足、5分足を見ながらトレードを行います。

 

ポイント

売買ルールを決めて取り組むことが必要です。チャート中心のトレードになるので初心者にもトレードがやりやすいと思います。

 

 

スキャルピング (スキャル)

トレード時間 ⇒ 数秒から数分

値が動く瞬間を狙うので、トレード時間は数秒から数分と極端に短いのが特徴です。瞬間の勝負なので、集中力が必要です。あと、パソコンのスペックや通信速度も重要です。

 

利益の目安 ⇒ 5pips程度

利益は小さくてもその分レバレッジを大きくして稼ぐ手法です。やたら回数を増やしても運任せのトレードになってしまいます。確実なチャンスを確実にものにするメンタルの強さが必要になります。

 

チャート ⇒ 5分足、1分足、ティック

基本は1分足でのトレード多いようです。

 

ポイント

FX会社選びも重要になってきます。できる限りスベリにくい会社を選びたいです。短時間で決済できるので、すぐに結果が出ます。また、塩漬けになることはありません。
デメリットとしては、1回のトレードで大きな利益を生むのは難しい点とパソコンの前で待ち構えている時間が長くなるところです。

 

 

トップへ戻る