初心者のための 失敗しないコツコツFX

初心者のための 失敗しないコツコツFX入門!

取引通貨の選び方!

初めてのトレードで迷うのは、通貨選びだと思います。

 

最初の通貨としてお勧めなのは、米ドル/円です。

 

毎日、ニュースでも「1ドルは○○円です」と言っていますし、何となく身近な感じがしますよね。
慣れてくれば、取引通貨を変えればいいので、初めは米ドル/円で良いと思います。

 

急変があったら、ニュースになるので、気が付いたらロスカットされていたなんてこともありません。
マイナー通貨は、ニュースでもスルーされる場合が多いので(笑)

 

一発ハイリターンを狙いたいのなら、値動きの激しい通貨を選ぶ手もあります。
そんな時には、ポンドです。

 

米ドル/円などで取引数量を多くする方法もありますよ。

取引通貨の選び方! 通貨別の詳細

世界には多くの通貨がありますが、一番なじみのある通貨は米ドルでしょう。米ドルは外国為替市場でもっとも多く取引がされている通貨です。新聞等のニュースでも一番多く報じられているので、情報も多く、取引はしやすいと思います。米ドルが初めてのトレードだという方も非常に多いです。米ドルは世界の基軸通貨と言われています。基軸通貨とは国際間の貿易で使われたり、通貨の相対価値を決める単位として使われています。以前は...

ユーロは、1999年1月1日から欧州連合(EU)の共通通貨として導入されました。当初は銀行決済など帳簿上の通貨として使用され、実際に現金の流通が始まったのは2002年からです。当初は、11ヶ国で始まり、現在は16か国に導入されています。ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、オーストリア、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、フィンランド、アイルランド、ギリシャ(2001年1月〜)、スロベ...

オーストラリアは先進国の中では、比較的高金利の通貨です。スワップポイント狙いの取引が多いのが特徴です。銀行の外貨預金のキャンペーンでは、よく豪ドルが対象になっています。オーストラリアは、原油・鉄鉱石などの天然資源が豊かな国ですので、資源国通貨として有名です。オーストラリアにとって、日本は主要な貿易国で安定した経済成長が続いています。政治的にも安定している国です。安定的に高金利が得られる豪ドルはヘッ...

ポンドはドル以前の基軸通貨として有名です。イギリスは欧州連合(EU)の加盟国でありながら、ユーロを導入せずに通貨はポンドになります。イギリスは、先進国ですが原油や天然ガスなど豊富に産出される資源国です。そのため、原油価格が上がればポンドも買われやすくなり、資源価格の影響を大きく受ける通貨です。英ポンド/ドルとユーロ/米ドルの値動きは、似ています。ポンド円の為替レートは値動きが大きいことで有名です。...

南アフリカランドは取引量が少なく変動幅が大きい通貨です。高金利通貨として、一部の投資家からは注目されています。南アフリカは、鉱物資源が豊富な国です。ダイヤモンドと金が産出国家として有名ですね。中学生ぐらいで習ったような気がします!今後、大きく成長が期待されていく国です。英連邦に属していることもあり、ヨーロッパ経済との結びつきが強うのが特徴です。ただし、インフレ率が高く政治・経済の状況が安定していな...

トップへ戻る