初心者のための 失敗しないコツコツFX

初心者のための 失敗しないコツコツFX入門!

ユーロ は、世界の基軸通貨になるかも!

ユーロ/円

ユーロは、1999年1月1日から欧州連合(EU)の共通通貨として導入されました。

 

当初は銀行決済など帳簿上の通貨として使用され、実際に現金の流通が始まったのは2002年からです。

 

当初は、11ヶ国で始まり、現在は16か国に導入されています。

 

ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、オーストリア、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、フィンランド、アイルランド、ギリシャ(2001年1月〜)、スロベニア(2007年1月〜)、マルタ(2008年1月〜)、キプロス(2008年1月〜)、スロバキア(2009年1月〜)

 

ユーロ圏は人口やGDPともに米国に並ぶ規模があります。
現在は、米ドルと共に世界の基軸通貨と呼ばれています。

 

ユーロの中心的な存在は、ドイツです。
ユーロの発行と管理を行う欧州中央銀行(ECB)は、ドイツのフランクフルトにあります。
ユーロ圏の金融政策は、欧州中央銀行(ECB)が行っています。

 

そのためユーロの動向を探るには、ECBの政策金利に加え、ドイツの指標を確認することも重要です。

 

ユーロ/円の値動きは、ユーロ米ドルに近いです。

 

ユーロ/米ドルと米ドル/円のレートを合成して作成しています。
値動きはユーロ/米ドル同様で荒いのが特徴です。
ユーロは、景気循環の影響を受けやすい通貨なので注意が必要です。

 

 

トップへ戻る